運行管理者の年収・資格手当

運行管理者の平均年収はおよそ300~550万程度と、あまり高くはありません。

スポンサードリンク

しかし、運行管理者は必置資格ですから、営業所がある限り運行管理者は必要とされます。
資格取得者は、運行管理の責任者として認められるのです。
運行管理者になることは、運送業界における自己の地位の安定やキャリアアップにつながります。

また、会社によっては資格手当の受給対象となる可能性もあります。
中には月額2万円の資格手当がある会社もあります。
実績を積み、500~800万程度の年収を得ている運行管理者もいらっしゃいます。

運行管理者は責任者扱いとなりますので、社内的にも社会的にも大きな責任を担うことになります。

バス会社や運送・引越業を営む事業所では、管理監督者の条件として運行管理者資格の取得をあげている所もあるようです。
将来的に責任者や経営者を目指される方は、まずは運行管理者資格を取得し、さらなるスキルアップを目指すと良いでしょう。

スポンサードリンク

運行管理者<貨物>10時間合格講座
運行管理者<旅客>10時間合格講座

この記事のタグ

サイト内関連記事

運行管理者とは
運行管理者(自動車運送事業運行管理者)とは、安全輸送の責任者として運送事業者の選......
運行管理者になるには
運行管理者として選任されるためには、自動車運送事業の種別に応じた種類の運行管理者......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

運行管理者試験合格率向上委員会:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://unkan.info/test/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。